02/09/2019

Call for applications: 2020 FFJ/Michelin Foundation Fellowship, Urban Mobilities in the 21st Century


=== English version below ===

フェローシップについて

この度、フランス国立社会科学高等研究院・日仏財団(以下「FFJ」)は、 以下のテーマの研究フェローの募集をいたします。ミシュラン財団フェローシップ:「21世紀の大都市のためのモビリティとは」

応募の締め切りは 2019年9月29日です。応募資料は以下のアドレスにメールにて提出してください。

applications_ffj@ehess.fr

フェローシップ期間は、2020年4月1日から2021年6月30日までの間に5ヶ月ないし10ヶ月の在籍期間を選ぶことができ、フェローのご都合に合わせてご申請いただけます。フェローは、パリの生活費と移動のための固定金額を授与されると同時に、研究プロジェクトの実現に関連する一定額を授与されます。本フェローシップとは別に外部の研究資金を同時に獲得することも可能です。

 

2020年公募トピックについて

世界規模での急速な都市化という状況によって、現在、都市には様々な課題が突きつけられています。例えば、気候変動、人口変化や生産システムの空間的再構成だけでなく、スプロール現象や大都市化などが挙げられます。地域レベルで異なるインパクトを持つこれらの課題は、大都市への集中という影響の一方で、その徐々に拡大する領域へ広がる作用とインパクトの影響を引き起こしながら、時に対立として現れます。

このような背景の中で、全規模での個人的・集団的モビリティの変化は大都市にとっての主要課題となりました。これらの変化は多数のイニシアティブによって支えられ、自動車移動と公共交通機関の棲み分けに大きく基づき、20世紀後半の間に強化された交通モデルを再び問題にします。

同時に、大都市の交通渋滞は、大気汚染と闘うためであれ、その都市経済へのインパクトを減らすためであれ、また生活の質を改善するためであれ、様々なレベルで意思決定者たちの注意を集めています。都市の中心部での自動車のスペースの削減と公共交通機関の供給の増加の必要性により、既存モデルは完全に超越されることはないまでもその変容をもたらす結果となります。

フランス国立社会科学高等研究院・日仏財団(以下FFJ)/ミシュラン財団フェローシップの目的は、モビリティの分野での世界の大都市における近年の戦略、その運営管理形態とアクターと異なるそれらのシステムを分析し、比較研究の側面からアジアの都市、特に日本とその地理的周辺国との間のイニシアティブを交差させることにあります。

横暴締切:9月29日

詳細:FFJ

 

=======

The call for applications

The Fondation France-Japon de l’EHESS is pleased to announce the call for applications to the 2020 FFJ/Michelin Foundation Fellowship: "Urban Mobilities in the 21st Century".

The deadline for applications is 29 September 2019. Applications are to be submitted by email to applications_ffj@ehess.fr.

The fellowship may last 5 or 10 months, between 1 April 2020 and 30 June 2021, depending on the fellow’s availability. The fellow will receive a grant, designed to cover his or her expenses related to transport and his or her stay in Paris on the one hand, and on the other hand the expenses directly linked to the realizationof his or her research work. This grant can be combined with other sources of funding, on condition that the fellow is located in Paris.

Topic of this year's call

The current context of rapid urbanization worldwide sees cities subjected to various challenges: the climate crisis, demographic change or spatial reorganization of the production system, as well as urban sprawl and metropolization. These challenges, which have a different impact at the local level, are sometimes conflicting, with a concentration effect occurring in cities while the activities and impacts of these same cities are distributed over increasingly larger areas.

In this context, the transformations at every level in individual and collective mobility have become a central issue for metropolises. These transformations are supported by multiple initiatives and raise doubts around the transportation model, divided predominantly between cars and public transport, that was consolidated during the second half of the 20th century.

At the same time, city congestion focuses the attention of decision-makers at many levels, be it combatting air pollution, reducing its impact on urban economy or improving quality of life. The need to reduce the role of cars in urban centres and to increase access to public transport is changing the existing model without discarding it completely.

The purpose of the FFJ/ Michelin Foundation Fellowship is to examine recent strategies devised by major global cities in terms of mobility, the modes of governance and the different systems of actors involved through a study comparing initiatives in Asian cities, especially Japanese cities, to those from other geographic regions.

Application deadline: 29 September 2019

Further information: FFJ