07/05/2019

2020 EHESS FFJ France-Japan Collaborative Fellowships: Human-Machine Relationships


==== English version below ====

HESS FFJ 日仏財団について

フランス国立社会科学高等研究院・日仏財団 (FFJ) は2009年にフランス国立社会科学高等研究院 (EHESS) 内に設立され、一般の利益にかかる主題に関して、日仏間における人文社会科学の交流促進を任務としています。この目的のために当財団はフランス内外における公共機関ないし民間団体と多くの提携関係を築いてきました。

主な活動は、国際的に名を知られた招聘研究員の受け入れ、複数年にわたる国際的なプロジェクトの実施、フランス内外における学術イベントの開催、英語による2つの叢書の編集です。

日仏財団の目標は、その国際的ないし学際的なネットワークを通じて、またその革新的な方法論を通じて、21世紀の経済、政治、社会に関する大きな難題について研究および議論を行うことにあります。またそれに際して、日本の解答から学びを得ることができると確信しています。

 

日仏財団研究フェローシップ

フランス国立社会科学高等研究院・日仏財団(FFJ)フェローシップの中心的な目的は、フェロー、FFJ、協力機関の三者による密接な協働を進めていくことにあります。FFJフェローシップにの枠組みにより、フェローは応募時に提出したパリでの滞在に対する特別な(比較分析、フランス語文献入手などの)目的を含む研究計画に沿って、自身の研究に従事することができます。人文社会科学分野における豊富な研究者ネットワークや、パリの研究環境における国際的かつ学際的な研究環境を享受し、さらにFFJパートナーの戦略的研究部門とのコラボレーションを通して、学術界以外の専門家とのネットワークにアクセスする最高の機会を得ることができます。パリの社会科学高等研究院内の共用オフィスに迎えられ、フェローは行政事務手続きの支援、会議室や図書館も利用していただけます。

 

2020年度フェローシップ募集

2020年、日仏財団とエア・リキードは協定を更新し、新たなテーマ「将来の人間と機械の関係を把握する:日仏共同研究」を実施します。

  • エア・リキードフェローシップ 「人と機械の関係性の未来ビジョン:日仏共同研究」

  • ヴァレオフェローシップ「持続可能なモビリティのための革新的技術」

フェローシップ期間は、2020年1月1日から2021年3月31日までの間に5ヶ月ないし10ヶ月の在籍期間を選ぶことができ、フェローのご都合に合わせてご申請いただけます。

応募締切:2019年5月31日

詳細:EHESS

 


 

About the EHESS FFJ

Established in 2009 and located at the heart of Paris, the Fondation France-Japon (FFJ) de  Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales  (EHESS) aims to promote academic collaboration between Japan and France and to enhance dialogue and exchanges through a network of public and private partners to improve the understandings of Japan.  FFJ encourages an interdisciplinary approach to the humanities and social science. Its main activities include the development of invitation programs in France for Japanese researchers and specialists of Japan; the implementation of partnerships with research institutions in France and abroad; the organization of conferences and seminars; publication and translation of research outcomes and academic articles; support for the activities of both junior and senior researchers. 

 

About the Fellowship Programme

The core objective of the fellowships of the Fondation France-Japon (FFJ) at EHESS is to lead to a close collaboration between the fellow, FFJ, and its partner. The FFJ Fellowships enable the fellows to pursue their research work, according to the research project they presented in their application with objectives specific to their stay in Paris (comparative analysis, access to French resources, etc.). They will benefit from the large network of researchers in social and human sciences, as well as the international and interdisciplinary environment of the Parisian academic institutions. Besides, the collaboration with strategic and research departments of the partner will be an excellent opportunity for them to access to a network of extra-academic experts. The fellows are hosted at EHESS in Paris in a shared office; they benefit from administrative assistance, and have access to meeting rooms and libraries.

In 2020, the FFJ and Air Liquide renew their partnership on a new theme, “Visioning the Future of Human-Machine Relationships: Collaborative Researches between Japan and France”.

  • Air Liquide Fellowship: “Visioning the Future of Human-Machine Relationships: Collaborative Researches between Japan and France”

  • Valeo Fellowship: “Innovative Technologies for a Sustainable Mobility”

The fellowships may last 5 or 10 months, between 1 January 2020 and 31 March 2021, depending on the fellows' availability. Fellows will receive a grant, designed to cover expenses related to transport and stay in Paris on the one hand, and on the other hand the expenses directly linked to the realisation of the research work. This grant can be combined with other sources of funding.

The call for applications is open to junior or senior distinguished international scholars, as well as government and business professionals. Applicants must be able to prove their capacity to conduct a research, but they are not required to hold a Ph.D.

Application deadline: 31 May 2019

More information: EHESS